甲鉄城のカバネリ ネタバレ感想

鋼鉄城のカバネリのネタバレ感想。進撃の巨人との関係や声優や原作情報

甲鉄城のカバネリ最終回12話のネタバレ感想。全体的にドリフ

f:id:denpanohikari:20160701134341j:plain

甲鉄城のカバネリ最終回12話『甲鉄城』のネタバレ感想。

いやー、最終回ひどかった!ひどすぎて死ぬほど笑った!最高だった!アニメファンの人たちの本作品への期待値が終始高すぎて正直ついていけないものを感じたりもしてたけど、最終回12話にいたってはもうそんなこと知らんがなって感じで爆笑して見てた。

あんまりひどすぎて夢見てるのかもしれないと思って感想書くのが遅れたレベル。明日起きてからもう一回観てみようと思ってもう一回観直してみたけど観れば観るほどひどすぎて現実を受け入れるしかない。

終始「面白い!」と言われていたアニメの最終回だけに、アニメ史に微妙に爪痕を残すレベルの最終回だった。

こんな笑える最終回を作ってくれたスタッフにただただ感謝!いや、皮肉でなしに、これはスタッフだってもうやけくそかしらないけど狙ってやらないとここまでぶっ飛んだ展開にはできないでしょ。

明らかに途中で完全に諦めて「よし!こうなったら視聴者を楽しませるために最高のギャグ回として伝説作ったろ!」って方針でやったんだと思う。その目論見は見事成功したといえる。最高だった。

なんだっけあのデブ?たくみか、あのたくみってデブが特に意味のない犬死を遂げたってだけであとはみんな概ね大団円を迎えてハッピーエンドな感じになってて草。

甲鉄城のカバネリ最終回12話のあらすじとネタバレ感想

美馬の計略と、ヌエとなった無名、そして流入したカバネにより、金剛郭は崩壊しつつあった。そこにいけないお薬の力でスーパーカバネリとして覚醒した生駒が到着する。自らの体を再び改造した生駒は、無名を救うために、敵だらけの金剛郭に踏み込んでいく。そんなあらすじ。

でもあらすじなんてどうでもいい、もはやあってないようなもの。ただただひどい。めちゃくちゃ。

最後の最後で急に監督はじめスタッフたちがアヴァンギャルドな前衛芸術に目覚めたかのようなトンデモ展開は必見。最終回だけでも必見。最終回だけでも笑える。

甲鉄城のカバネリ最終回、主人公の生駒どこ行った?お前は誰だ?

もう冒頭の覚醒生駒の登場シーンの、「お前誰だよwwww」感だけで笑える。誰だよwwww今まで見てきた甲鉄城のカバネリってアニメの主人公はどこいったんだよ、何だったんだよ、ってレベルのまるで別人。

「主人公が作中で成功してまるで別人のように…」とかいう展開とはまるで無縁に、作画レベルで完全に別人wwww

甲鉄城のカバネリ最終回12話で一番笑ったのは生駒が自分に向かって走ってくる汽車を片手で吹っ飛ばしたシーンwwwwwアニメ違くね?wwwwwドラゴンボールなの?wwwwww

黒結晶で覚醒すると違うアニメになっちゃうくらいすごいってことなの?でも肝心の美馬様相手の戦闘シーンではクソ弱い。そこがゴミ。

甲鉄城のカバネリは「強さのインフレ」ではなく「強さのデフレ」

『強さのインフレーション』って悪く言われがちだけどそこはしかたがないと思う。むしろよくできた作品は強さのインフレを実に見事に表現する。

その点カバネリはというと、強さのインフレではなくただの強さのデフレ。強いやつをさらに上回る強者を描く表現力が終始皆無。単により強者であることを表現するために相対的に弱体化させることしかできない。

だからもう最終回含めて終始キャラクターたちの強さがブレッブレで強敵相手に異常な活躍を見せたり、雑魚相手に苦戦したり、めちゃくちゃ。流れに一貫性がない。

生駒にしてもはじめは戦闘経験もないザコだけど、無名との修行や戦いの中で強くなっていきました、みたいな流れがない。急に理不尽に強かったり、肝心の美馬とのラストバトルがクソ弱かったり、ただただひどい。ひどくて最高。

来栖、1人でカバネを皆殺し。カバネリいらなかったやんけ

そしてクルスとかいうクソゴミイケメンがまた強さのインフレがめちゃくちゃなことになってて笑った。第一次世界大戦後のドイツのマルクのハイパーインフレを思わせて、1億2億の札束が紙くずと化したレベル。

これまでかっこつけてるだけで実力的にはワザトリに遅れを取ったり大したことないカッコだけのザコだということが判明していたにも関わらず、最終回では終始異常な身体能力を発揮する来栖。

最後は無名を助けに行く生駒を後押しし、自らは1人で我が身を犠牲にして数多のカバネに立ち向かい…とかいうこともなく、普通に1人で無数のカバネを全滅させた模様。

お前そんな強かったんなら最初からカバネリとかいらんかったやんけ。お前が1人でカバネ全滅させとけや。

しかも最終回に至ってようやく生駒との間にも信頼関係が生まれ…みたいな展開も一切なし。終始生駒がカバネではないかと疑い続け、刃を向け続け、殺す機会をうかがう隙のない来栖さん最高!

最後は菖蒲(あやめ)とかいう豚女とめでたく結ばれる感じのハッピーエンド。

菖蒲(あやめ)は「大量の人を殺める(あやめる)」の隠語

菖蒲とかいう豚女がまたすごかったな。金剛郭に美馬を入れたことも含めて、はっきりいって戦犯はお前じゃねえか!ってことは明らかなのに、頭一つ下げない。

謝罪しないどころか、最後まで「おやめなさい!」とかいって領主の娘面して上からえばり散らしてて笑った。

「大事なのは互いを疑わないことです」みたいなキレイ事抜かしてみんな納得しちゃうのも草。そんなんで納得するなら最初からお前が言い聞かせとけや。これまでの生駒や無名が向けられてきた差別そのものの眼差しは何だったんだよ。

てめえ自身は血を流さず、守るべき民衆の血を大量に流しつつ、それでも自分だけは高いところからキレイ事を吐き続ける最後までクソ女としてブレないスタンス、最高。

 

美馬様は結局何がしたかったのか意味不明なただのサイコパス

あれだな、すべてを破壊したいだけの破壊衝動の権化みたいに美馬様は描かれてたけど、途中から完全にスタッフのストレスとかが投影されてあのキャラになったとしか思えない。

最後の最後で注目されていた作品をここまで完膚なきまでに破壊し尽くしたスタッフこそ神。真の破壊神。美馬程度では所詮たどりつけなかった境地。

美馬様は結局なにがしたかったんだよ?白結晶を生駒に撃ち込んでました、みたいないまさらキレイ事な展開は逆に胸糞。

「美馬もほんとはいいやつだったんだな」とか思わせたいのか?思うアホがいるのか?いるんだろうけど。

でもまともに考えればさんざん人を惨たらしく殺したり殺すよりひどい地獄に落としといて、そのことに信念さえ持ち合わせていなかったただの衝動に生きるだけのサイコパスでしかないことが明らかになっただけで最高。

志村後ろー!ラストバトルがまさかのドリフコントwww

まあ好意的に解釈するなら、美馬はいろいろ大義名分つくって狩り方衆を使ってきたけど、実際には父親を殺すことこそ実は唯一の目的だったってことかな。

だからもうあっさり父親を殺してしまった後はもう人生に目的を失って、抜け殻のようになって死に場所探して生駒に殺してもらおうと思った、まあ結果的に無名に殺されることになったけど、それはそれで本望っぽいしよかったねって感じ。

生駒が肝心なところで視界を喪う展開も笑ったけど、その後の美馬が抜き足差し足で生駒に背後から忍び足で歩み寄るシーン「志村後ろー!」って叫びながら大爆笑したわwwwwww

無名ちゃん12歳、穂積(ほづみ)として生きることを決意

無名ちゃん12歳も最後は穂積として生きることを決意した模様。よかったね!

でもお前兄様のことあっけなくぶっ刺して殺せるなら最初からそうしとけや。お前がさっさと美馬のアホンダラを殺しとけばこんな面倒なことになってなかったんやとか野暮なことを言ったらだめ。

無名ちゃんかわいいからすべてを許してあげることこそ愛。

なんか最後は生駒だけ明らかに土気色した顔して完全に死んだと思ったのに助かった挙句人間に戻ってたけど、無名ちゃんは人間には戻れていない模様。

それはなぜかといえば、単に続編2期?映画化?の余地を残してのものなのかもしれない。

甲鉄城のカバネリに続編2期や映画はあるのか?

ないんじゃないでしょうか。てかいらねえだろ。普通に12話できっかり終わってるんだし、もうそっとしといてあげてほしいしスタッフを休ませてあげてほしい。

話としても美馬が死んでるんだしもうこれ以上出がらしをさらに絞り尽くしたって胃液しか出てこねえだろ。

まあカバネがこの世から一掃されたわけではないけど、カバネを延々お掃除し続けるだけのアニメとか映画とか誰が見たいのか不明だしいらないと思う。

そんなの来栖一人いればお掃除できるわけだし。

最後に甲鉄城のカバネリというアニメの総評として全体をまとめると、とにかく最終回が全部持って行った作品。

がっかりしてる人もいるかもだけど、個人的には終始退屈な作品だなと思って見てたから、最後の最後にこんな素晴らしい最終回にしてくれたスタッフに尊敬しかない。本当に最終回は最高だった。

欲を言えば終始最終回のノリでアニメ1本作ってくれたらもっと最高にぶっ飛んだ傑作ができてたんじゃないかと思う。ぜひ『進撃の巨人』の続編ではそんな無謀なチャレンジはせず、またオリジナル作品を作る機会があったら挑戦してほしいと思いました。おしまい。

広告を非表示にする