甲鉄城のカバネリ ネタバレ感想

鋼鉄城のカバネリのネタバレ感想。進撃の巨人との関係や声優や原作情報

甲鉄城のカバネリ9話の感想とネタバレ。美馬の倒幕が始まる!

f:id:denpanohikari:20160610010300j:plain

甲鉄城のカバネリ9話『滅びの牙』の感想とネタバレ。

無名や生駒、カバネリたちを乗せた甲鉄城は金剛郭(こんごうかく)へ至る最後の砦、磐戸駅(いわとえき)に到着する。幕府は、民衆の支持を集める美馬を警戒し、金剛郭への道を閉ざそうとするが、美馬は磐戸駅の領主に会談を求める。

だがそれは美馬による策略だった。自分を慕う無名さえも自らの計画のために利用する美馬。美馬と狩方衆(かりかたしゅう)による倒幕が始まる…!

甲鉄城のカバネリ9話のあらすじとネタバレ

美馬を警戒する幕府。だが幕府の警戒は織り込み済みで「準備」を重ねてきたとほくそ笑む美馬と狩り方衆。

菖蒲(あやめ)や生駒たち甲鉄城の面々は、あくまで警護を買って出ただけの狩り方衆とは別れるが、生駒は説得もむなしく兄様と慕う美馬についていってしまった無名のことを心配する。

美馬に利用される無名を危惧する生駒

無名が長い時間を共に過ごしたのは鋼鉄城の人間ではなく美馬や狩り方衆であることを思えば、無名が美馬のもとに帰るのは当然のことではないかと思うのだけど、菖蒲も美馬には危険な匂いを感じ取ったらしく、無名は美馬のもとにいるべきではないと生駒に語る。

おバカちゃんの無名ちゃんはピュアなので、美馬の言うとおりにすることが人々が幸せになる道だと信じて疑わない。利用されているとも知らずに…

そんな無名を憐れむ滅火(ほろび)。滅火(ほろび)はカバネリだが、自分もまた美馬に利用されている存在でしかないことを自覚しており、自分の死期が近いことも悟っている模様。

カバネを使って倒幕を企てる美馬!カバネは誰が作ったのか?

よりにもよってカバネを使って倒幕を企てる美馬。カバネを飼ってるも同然の美馬だが、そもそもカバネって誰が作ったのか?

自然発生したってわけでもなさそうだし、人為的に作られた存在だとすると、誰が作ったのか?

美馬がカバネを研究してある程度自由に使うことができるのは事実。

アホの無名ちゃんを利用し、門を開けさせると、カバネを入れて人を殺させまくる。小さい女の子とお母さんまで。哀れ…

黒煙(クロケブリ)をも駆使する美馬。動力はカバネリ

カバネの融合群体黒煙(クロケブリ)さえも滅火(ほろび)の肉体を核にして作り出す美馬。

もしや6話で倒した黒煙(クロケブリ)の中心にいたカバネも元は美馬に作られたカバネリだったのだろうか?

滅火(ほろび)さん、あっけなく悪堕ち(?)というか、カバネウイルスに脳と心を完全に乗っ取られ、おそるべき殺戮兵器と化す。

仲間だった狩り方衆を次々と手に掛ける滅火(ほろび)。美馬の命をも狙うも、美馬の手によって刺し殺される。

美馬はただの殺戮好きの狂気に堕ちたサイコパスでした

美馬さん…カバネが弱い人々を殺戮した世界を、これが平等だと無名ちゃんに吐いてのける。

美馬による革命の狼煙は成功裏に終わり、鋼鉄城の面々はみな捕われ、あるいは殺される。

無名ですら警戒され、生駒のカバネリの血が研究には必要らしく、捕らわれる。

信じていた兄様・美馬のこれまで説いてきた理想が偽りだったことを知りショックを受ける無名。時すでに遅し。

 

甲鉄城のカバネリ9話の感想

しばらく無名や生駒、狩り方衆の活躍(?)ばかりで、えぐい展開もそれほどなかったんだけど、今回の9話は久しぶりにえぐい話だった。

鋼鉄城のアホが勝手に自分らの自業自得で死に晒すのはかまわないんだけど、磐戸駅の人たちにしたら完全にいい迷惑。

過去に領主の上様(殿様?天守?)に罪があったとしても、ここの人たちに罪はないと思うのだが、美馬と狩り方衆(の駆使するカバネ)によって情け容赦なく殺されていく人々。

無名の救援も虚しく幼いわが娘を抱いて自爆する母親。

領主くらいはこういうとき殺されてしまうのもやむを得ないのかもだけど、弱い人々が無残に殺されていく世界は恐ろしい。そしてそれを「平等」といって肯定してはばからない美馬様。鬼畜すぎてヤバイ。

甲鉄城のカバネリ10話の予告とネタバレ

甲鉄城のカバネリ10話では美馬と狩り方衆とはこのまま勢いを借りて金剛郭を取りに出る。

今こそすべてのものは駅を捨て、戦いに出るべきだと説く。弱肉強食の世界観。力ある者だけが生き残る世界。

美馬が訴えるのは臆病者の巣窟たる金剛郭の破壊。いろいろ言ってるけどただ無秩序と混沌を愛する人格破綻者としか思えない…

もちろん生駒や、信じていた兄様に裏切られたことを知った無名がそれをそのまま見過ごすはずもなく、美馬を止めようと画策するが、圧倒的劣勢をどう覆すことができるのか。

甲鉄城のカバネリは異常にテンポが早くさくさく進むので、案外次回10話であっさり美馬の倒幕を阻止してあるいは美馬を倒したりするのか。

それとも美馬がラスボスでもっと戦いを引っ張るのか。次週6月17日の甲鉄城のカバネリ10話の放送を楽しみに待ちたい。

追記:甲鉄城のカバネリ10話の感想更新しました…逞生…うぅっ…(´;ω;`)

広告を非表示にする